タグ「JVM」が付けられているもの

Introduction to Azul Zulu (ja)

今回は Azul Zulu についてご紹介します。

1. Zulu とは?

Zule は Azul Systems が配布および商用サポートを提供している OpenJDK です。当然のことですが Oracle JDK とも高い互換性を有しています。

Azul Systems は、Java Champion でありかつて Oracle の Java エバンジェリストであった Simon Ritter が現在副 CTO を務めている企業です。

Zule には以下の長所があります。

  • 純粋な OpenJDK -- 真のオープンソースであり、言うまでもなく OpenJDK の互換性検証に合格し認証を受けた JDK です。
  • 商用サポートの提供 -- Zulu ユーザーは、OSS として利用を開始した後、必要に応じて商用サポートを購入することが可能です (商用版は Zulu Enterprise と呼ばれます)。
  • コンパクト -- Zulu のインストール・イメージは Oracle JDK よりもはるかに小さく抑えられています。これは Zulu が public JDK といくつかの Oracle 製ツール (そのほとんどが Oracle の商用サポート下でしか利用できない) を含んでいないためです。
  • 長期サポートの提供 -- 現行の JDK 8 だけでなく、古い JDK 7 や JDK 6 もサポート対象です。また、JDK 9 の Preview 版も随時最新のものが提供されています。

現時点では Zulu は JavaFX を含んでいませんが、Payara Server/Payara Micro は Zulu 上で問題なく動作します (Payara でも動作保証済)。もし JDK のみが必要であれば、Zulu も有力な選択肢となります。

2. Zulu のインストール

ます、Zulu を Azul Systems のダウンロードサイトから取得します。

その後、インストーラーを実行する (Windows / Mac OS X)、パッケージ・マネージャーを利用する (Linux)、あるいは .zip / .tar.gz アーカイブを展開することでセットアップを行います。詳しい情報は Instrallation Guides を参照してください。これはあくまで私の主観ですが、Zulu のインストールで躓くことはほとんどないと思います。

Zulu はすべて 64 ビット版が公開されていますが、何らかの事情により 32 ビット版を使用しなければならない場合には (最近はレアケースだと思いますが)、Azul Systems (@AzulSystems) に問い合わせることで 32 ビット版のビルドを作成してもらうことも可能です (おそらくは有償)。詳しくは以下の Tweet をご覧ください。

Zulu のインストールが完了したら、Zulu の JVM ツールへのパスを PATH 環境変数に追加してください。すべてが完了すると、以下のような結果が得られると思います (Windows 10 の例)。

zulu-jvm.png

3. Payara と Zulu について

Payara Server と Payara Micro はともに Zulu 上で動作することが保証されています。また、Zulu の商用サポートは Payara のそれと似たところがあります。単純な価格比較では、Zulu は Oracle の Java SE Advanced よりも安価に設定されています。特にサーバーサイド Java において、Zulu は Oracle JDK の代替案として利用できるのではないでしょうか?

Introduction to Azul Zulu (en)

I'd like to introduce to Azul Zulu on this article.

1. What's Zulu?

Zule is one of OpenJDK distribution from Azul Systems. It is highly compatible software, similar to Oracle's Java.

Azul Systems is famous that Simon Ritter (a Java Champion, ex. a Java evangerist in Oracle Corp.) works as Deputy CTO.

Zule has some advantage:

  • Based on pure OpenJDK -- Truly Open Source Products. Not to say, pass to OpenJDK's TCK.
  • Production readiness -- Zulu users can buy it's support (called Zulu Enterprise) when to need.
  • Compact -- Zulu's image is so smaller than Oracle JDK. Because Zulu exclude several Oracle's tools. (some of they are required Oracle's commertial support)
  • Long-term support -- Supports not only JDK 8 but also JDK 7 and JDK 6, and provides JDK 9 Preview.

Now Zulu does not include JavaFX, but Payara Server/Payara Micro work well on Zule. If you need only JDK (without public JRE and so), I recommends Zulu.

2. Installation Zulu

At first, download Zulu from the site;

Then run installer (Windows or Mac OS X), use package manager (Linux) or extract .zip or .tar.gz to setup. If you need more information, please see Instrallation Guides. It's my opinion, instrallation of Zulu is very easy.

If you need Zuru on Windows 32-bit or Linux 32-bit (proberbly there are a few cases), you may request 32-bit binaries by contacting Azul Systems (@AzulSystems). See also;

After the installation of Zulu, you should add path to Zulu JVM tools to $PATH. All steps are done, you obtain such a result (here is result on Windows 10).

zulu-jvm.png

3. Payara and Zulu

Both Payara Server and Payara Micro run on Zulu and work well. Thus Payara officially supports Zulu. It's support services look like Payara's and the price is lower than Oracle's Java SE Advanced. I think Zulu is able to be alternative of Oracle JDK in Server-Side systems.