GlassFish 4.0.1 build 8 リリース (ja)

GlassFish 4.0.1 の新しいビルドである build 8 がリリースされました。

https://glassfish.java.net/download.html#inProgressTab

の手順に沿って最新版をダウンロードするか、Promoted build のダウンロードサイト

http://dlc.sun.com.edgesuite.net/glassfish/4.0.1/promoted/

から glassfish-4.0.1-b08-ml.zip (Full Profile) または glassfish-4.0.1-web-b08-ml.zip (Web Profile) をダウンロードしてください。

Issue Tracker のロードマップによると、次回 7 月中旬にリリースを予定している build 9 が Release Candicate (RC1) となる見込みです。また、7 月末には Release Candicate 2 (RC2) となる build 10 がリリースされ、順調にゆけば build 10 が Final RC となるでしょう。

現時点で、Mac OS X 10.10 (Yosemite) 上で GlassFish 4.0.1 が起動できない不具合が報告されています。この件については、OS X 10.10 のリリースが GlassFish 4.0.1 よりも後になることから優先度を落としつつ対応している模様です。

では、参考資料としてモジュール別のアップデート状況を下記に示します。build 6 リリース時に記事を書き忘れていたので、build 6 の情報もあわせて示します。build 6 から build 8 の間にアップデートされたモジュールとそのバージョンは強調してあります。

appserver 各コンポーネントのバージョン推移
(components)4.0.1-b084.0.1-b064.0.1-b054.0
cdi-api 1.2 1.1-20130918 1.1 1.1
com.ibm.jbatch-ri-spi 1.0 1.0 1.0 1.0
com.ibm.jbatch-runtime-all 1.0 1.0 1.0 1.0
concurrent 1.0 1.0 1.0 1.0
concurrent-api 1.0 1.0 1.0 1.0
dbschema 3.1.1 3.1.1 3.1.1 3.1.1
dbschema.osgi 6.0 6.0 6.0 6.0
eclipselink 2.5.2-RC1 2.5.2-M1 2.5.2-M1 2.5.0
geronimo.specs - 1.0.3 - -
guava 13.0.1 13.0.1 - -
javadb 10.10.2.0 10.10.2.0 10.9.1.0 10.9.1.0
javax-persistence-api 2.1.0 2.1.0 2.1.0 2.1.0
javax.batch-api 1.0 1.0 1.0 1.0
javax.ejb-api 3.2 3.2 3.2 3.2
javax.el - 3.0.1-b02 3.0.0 3.0.0
javax.el-api - 3.0.1-b02 3.0.0 3.0.0
javax.enterprise.deploy-api 1.6 1.6 1.6 1.6
javax.faces-api 2.2 2.2 2.2 2.2
javax.inject 1 1 1 1
javax.interceptor-api 1.2 1.2 1.2 1.2
javax.management.j2ee-api 1.1.1 1.1.1 1.1.1 1.1.1
javax.resource-api 1.7 1.7 1.7 1.7
javax.security.auth.message-api 1.1 1.1 1.1 1.1
javax.security.jacc-api 1.6 1.5 1.5 1.5
javax.transaction-api 1.2 1.2 1.2 1.2
javax.xml.registory-api 1.0.5 1.0.5 1.0.5 1.0.5
javax.xml.rpc-api 1.1.1 1.1.1 1.1.1 1.1.1
javax.xml.soap-api 1.3.7 1.3.7 1.3.7 1.3.5
jaxb 2.2.10-b140528.1649 2.2.10-b140528.1649 2.2.10-b140310.1920 2.2.7
jaxb-api 2.2.12-b140109.1041 2.2.12-b140109.1041 2.2.12-b140109.1041 2.2.7
jaxr JAXR_RA_20091012 JAXR_RA_20091012 JAXR_RA_20091012 JAXR_RA_20091012
jaxws-api 2.2.8 2.2.8 2.2.8 2.2.8
jboss.logging 3.1.3.GA 3.1.3.GA - -
jms-api 2.0 2.0 2.0 2.0
jsf-ext 0.2 0.2 0.2 0.2
jsftemplating 2.1.0 2.1.0 2.1.0 2.1.0
jsonp-api 1.0 1.0 1.0 1.0
jsonp-jaxrs 1.0 1.0 1.0 -
jsonp-ri 1.0.4 1.0.4 1.0.4 -
jsp-api 2.3.2-b01 2.3.2-b01 2.3.1 2.3.1
jsp-impl 2.3.3-b01 2.3.2-b01 2.3.2 2.3.2
jsr181-api 1.0-MR1 1.0-MR1 1.0-MR1 1.0-MR1
jstl-api 1.2.1 1.2.1 1.2.1 1.2.1
jstl-impl 1.2.3 1.2.3 1.2.2 1.2.2
mojarra 2.2.7 2.2.6 2.2.6 2.2.0
mq 5.0.1-b08 5.0.1-b06 5.0.1-b06 5.0-014
schema2beans 3.1.1 3.1.1 3.1.1 3.1.1
schema2beans.osgi 5.5 5.5 5.5 5.5
stax2-api 3.1.1 3.1.1 3.1.1 3.1.1
tyrus 1.7 1.6 1.5 1.0
uc-pkg-bootstrap 1.122-56-2852 1.122-56-2852 1.122-56-2852 1.122-56-2852
uc-pkg-client 1.122-56-2852 1.122-56-2852 1.122-56-2852 1.122-56-2852
webservices 2.3.1-b414 2.3.1-b414 2.3.1-b396 2.3
websocket-api 1.0 1.0 1.0 1.0
weld 2.2.2.Final 2.2.1.Final 2.0.3.Final 2.0.0.SP1
woodstock 4.0.2.10 4.0.2.10 4.0.2.10 4.0.2.10
woodstox 4.2.0 4.1.2 4.1.2 4.1.2
wsdl4j 1.6.2 1.6.2 1.6.2 1.6.2
nucleus 各コンポーネントのバージョン推移
(components)4.0.1-b084.0.1-b064.0.1-b054.0
antlr 2.7.6 2.7.6 2.7.6 2.7.6
asm 3.1 3.1 3.1 3.1
btrace 1.0.5 1.0.5 1.0.5 1.0.5
command-security-plugin 1.0.6 1.0.6 1.0.6 1.0.4
copyright-plugin 1.39 1.39 1.39 1.39
findbugs 2.5.2 2.5.2 2.5.2 2.4.0
glassfish-corba 4.0.0-b008 4.0.0-b008 4.0.0-b008 4.0.0-b007
glassfish-management-api 3.2.1-b002 3.2.1-b002 3.2.1-b002 3.2.0-b001
glassfishbuild 3.2.20 3.2.20 3.2.20 3.2.20
gmbal 4.0.0-b001 4.0.0-b001 4.0.0-b001 4.0.0-b001
grizzly 2.3.14 2.3.13 2.3.11 2.3.1
guava - - - 14.0
ha-api 3.1.8 3.1.8 3.1.8 3.1.8
hk2 2.3.0-b07 2.3.0-b05 2.3.0-b02 2.1.92
hk2.plugin 2.3.0-b07 2.3.0-b05 2.3.0-b02 2.1.92
jackson 2.3.2 2.3.2 1.9.11 1.9.11
javax.annotation-api 1.2 1.2 1.2 1.2
javax.el 3.0.1-b03 - - -
javax.el-api 3.0.1-b03 - - -
jax-rs-api 2.0 2.0 2.0 2.0
jbi 1.0 1.0 1.0 1.0
jdk 1.7.0-09 1.7.0-09 1.7.0-09 1.7.0-09
jersey 2.10.1 2.9 2.8 2.0
jettison 1.3.3 1.3.3 1.3.3 1.3.3
l10n 3.1-b41 3.1-b41 3.1-b41 3.1-b41
logging-annotation-processor 1.7 1.7 1.7 1.5
mail 1.5.2 1.5.2 1.5.1 1.5.0
management-api 1.1-rev-1 1.1-rev-1 1.1-rev-1 1.1-rev-1
mimepull 1.9.4 1.9.4 1.9.4 1.9.1
opendmk 1.0-b01-ea 1.0-b01-ea 1.0-b01-ea 1.0-b01-ea
pfl 4.0.0-b004 4.0.0-b004 4.0.0-b004 4.0.0-b003
saaj-api 1.3.4 1.3.4 1.3.4 1.3.4
servlet-api 3.1.0 3.1.0 3.1.0 3.1.0
shoal 1.6.18 1.6.18 1.6.18 1.6.18
source-annotation-processor 1.0 1.0 1.0 1.0
stax-api 1.0-2 1.0-2 1.0-2 1.0-2
trilead-ssh2 build212-hudson-6 build212-hudson-6 build212-hudson-6 build212-hudson-6
v3-docs 4.0-b27 4.0-b27 4.0-b27 4.0-b27
v3-docs-l10n 4.0-b07 4.0-b07 4.0-b07 4.0-b07
woodstox 4.1.2 4.1.2 4.1.2 4.1.2

今回のアップデートに関連して、いくつか補足します。

build 6 より、GlassFish 同梱の JavaMail がバージョン 1.5.2 になりました。このバージョンには、日本を代表する Java エバンジェリスト・寺田さんのリクエストで IdleManager という新機能が試験的に実装されています。

事の発端となったのは、Java EE Advent Calendar 2013 の寺田さんの記事「Java EE 7 WebSocket Mail の実装」です。メールの待ち受けのために無限ループで待機するスレッドを大量発生させなくてもよい方法として寺田さんが JavaMail のスペックリード (Bill Shannon) に要望していたのが実現した形です。開発者とユーザーが一緒になってソフトウェアを育てるオープンソースならではのエピソードと言えるでしょう。

Java DB も build 6 以降、バージョン 10.10.2 が同梱されています。Java SE 8 におけるセキュリティポリシーの強化に伴い Java DB のネットワークモードがそのままでは動作しない不具合があったものを、このバージョンでは修正しています。GlassFish においては、JDK8 上で動作させる場合に asadmin の start-database サブコマンドがうまく動作しない事象に該当します。この対応を含め、GlassFish 4.0.1 の JDK8 対応は、機能面では完了しています (バグは残存しているかもしれません)。

GlassFish の構成コンポーネントは少なくとも RC1 リリースまではアップデートされる可能性がありますので、今現在不具合があっても正式リリースまでに修正されることのほうが多いでしょう。先日も build 6 同梱の Weld 2.2.1.Final では Java EE 7 の TCK が通らないため旧バージョンに戻されるのではないか?という話を耳にしましたが、Weld または関連コンポーネント (あるいはその両方) のアップデートでの対応が優先されるはずです (この件に関しては TCK の不具合も疑われていて、TCK 自体を修正する可能性もあります)。

最後に、GlassFish 4.0.1 でも "FishCAT" プログラムが始まりました。

https://blogs.oracle.com/theaquarium/entry/please_join_fishcat_glassfish_4

いよいよ GlassFish 4.0.1 の完成も間近です。一時は存続すら危ぶまれた GlassFish ですが、秋には新しい NetBeans 8.0.1 とともに登場します。

Glass