GlassFish 4.0.1 build 4 が公開されました

お知らせが遅れましたが、GlassFish 4.0.1 build 4 (Promoted Build) が日本時間の2月7日未明にリリースされました。今回はこれまでの Promoted Build と異なり、ZIP形式の多言語版のみリリースです(年明けから Nightly Build が多言語版のみ作成されており、今後のリリースは多言語版に統一される可能性もあります。最近の例に漏れず公式アナウンスはありませんが)。1つ前のBuild 3が昨年8月リリースですから、約半年ぶりのアップデートになります。

http://dlc.sun.com.edgesuite.net/glassfish/4.0.1/promoted/

4.0 GA リリースから 8 ヶ月ほど経ち、かなりの部分がアップデートされています。ソースコードをチェックアウトして appserver/pom.xml と nucleus/pom.xml の依存関係を見ると、コンポーネントレベルでのアップデート状況を知ることができます。4.0.1 build 4 と 4.0 GA のコンポーネントのバージョン比較を以下に示します(太字がアップデートされたコンポーネント、うち赤色は Java EE 7 実装を表します)。Java EE 7 実装の多くは appserver/pom.xml を見れば良いのですが、一部 nucleus/pom.xml に記述されている仕様もあります。例えば JAX-RS 2.0 は Java EE 7 の一部であると同時に Nucleus の構成要素でもあるため、nucleus/pom.xml の方に記述があります。

fig.1 component of appserver
module4.0.1 build 44.0 GAremarks
jms-api 2.0 2.0 JMS 2.0 (JSR 342)
jsp-api 2.3.1 2.3.1 JSP 2.3 (JSR 245)
jsp-impl 2.3.2 2.3.2 JSP 2.3 RI
javax.el 3.0.0 3.0.0 EL 3.0 RI
javax.el-api 3.0.0 3.0.0 EL 3.0 (JSR 341)
jstl-impl 1.2.2 1.2.2 JSTL 1.2 RI
jstl-api 1.2.1 1.2.1 JSTL 1.2 (JSR 52)
mojarra 2.2.5 2.2.0 JSF 2.2 RI (Mojarra)
jsf-ext 0.2 0.2
woodstock 4.0.2.10 4.0.2.10
javax.ejb-api 3.2 3.2 EJB 3.2 (JSR 345)
javax.interceptor-api 1.2 1.2
javax.xml.rpc-api 1.1.1 1.1.1 JAX-RPC 1.1 (JSR 101)
javax-transaction-api 1.2 1.2 JTA 1.2 (JSR 907)
jaxws-api 2.2.8 2.2.8 JAX-WS 2.2 (JSR 224)
javax.faces-api 2.2 2.2 JSF 2.2 (JSR 344)
cdi-api 1.1 1.1 CDI 1.1 (JSR 346)
javax.inject 1 1 DI (JSR 330)
java.resource-api 1.7 1.7
javax-enterprise.deploy-api 1.6 1.6 JSR 88
javax.security.jacc-api 1.5 1.5 JACC (JSR 115)
javax.security.auth.message-api 1.1 1.1 JASPIC (JSR 196)
jsftemplating 2.1.0 2.1.0
uc-pkg-client 1.122-56.2852 1.122-56.2852
uc-pkg-bootstrap 1.122-56.2852 1.122-56.2852
webservices 2.3.1-b259 2.3 JAX-WS 2.2 RI (Metro)
jsr181-api 1.0-MR1 1.0-MR1
woodstox 4.1.2 4.1.2
jaxb-api 2.2.11 2.2.7 JAXB 2.2 (JSR 224)
jaxb 2.2.8-b131017.0915 2.2.7
stax2-api 3.1.1 3.1.1
javax.xml.registry-api 1.0.5 1.0.5
eclipselink 2.5.2-M1 2.5.0 JPA 2.1 RI (EclipseLink)
javax-persistence-api 2.1.0 2.1.0
dbschema 3.1.1 3.1.1
dbschema.osgi 6.0 6.0
schema2beans 3.1.1 3.1.1
schema2beans.osgi 5.5 5.5
mq 5.0.1-b05 5.0-014 JMS 2.0 RI (OpenMQ)
javadb 10.9.1.0 10.9.1.0
jaxr JAXR_RA_20091012 JAXR_RA_20091012
weld 2.0.3.Final 2.0.0.SP1 CDI 1.1 RI (Weld)
wsdl4j 1.6.2 1.6.2
websocket-api 1.0 1.0 WebSocket (JSR 356)
tyrus 1.4 1.0 WebSocket RI
jsonp-api 1.0 1.0 JSONP (JSR 353)
jsonp-ri 1.0.4 1.0 JSONP RI
jsonp-jaxrs 1.0 1.0
concurrent-api 1.0 1.0 Concurrency (JSR 236)
concurrent 1.0 1.0 Concurrency RI
javax.batch-api 1.0 1.0 JBatch (JSR 352)
com.ibm.jbatch-runtime-all 1.0 1.0
com.ibm.jbatch-ri-spi 1.0 1.0 JBatch RI
javax.xml.soap-api 1.3.7 1.3.5
javax.management.j2ee-api 1.1.1 1.1.1 JSR 77
fig.2 component of nucleus
module4.0.1 build 44.0 GAremarks
findbugs 2.5.2 2.4.0
glassfish-corba 4.0.0-b008 4.0.0-b007
stax-api 1.0-2 1.0-2
management-api 1.1-rev-1 1.1-rev-1
servlet-api 3.1.0 3.1.0 Servlet 3.1 (JSR 340)
grizzly 2.3.11 2.3.1
saaj-api 1.3.4 1.3.4
hk2 2.2.0-b26 2.1.92
hk2.plugin 2.2.0-b26 2.1.92
trilead-ssh2 build212-hudson-6 build212-hudson-6
pfl 4.0.0-b004 4.0.0-b003
gmbal 4.0.0-b001 4.0.0-b001
woodstox 4.1.2 4.1.2
antlr 2.7.6 2.7.6
jersey 2.5.1 2.0 JAX-RS 2.0 RI (Jersey)
jackson 1.9.11 1.9.11
jettison 1.3.3 1.3.3
guava 14.0 14.0
jax-rs-api 2.0 2.0 JAX-RS 2.0 (JSR 339)
mimepull 1.9.3 1.9.1
jbi 1.0 1.0
glassfish-management-api 3.2.1-b002 3.2.0-b001
btrace 1.0.5 1.0.5
opendmk 1.0-b01-ea 1.0-b01-ea
v3-docs 4.0-b27 4.0-b27
v3-docs-l10n 4.0-b27 4.0-b27
l10n 3.1-b41 3.1-b41
asm 3.1 3.1
shoal 1.6.18 1.6.18
ha-api 3.1.8 3.1.8
glassfishbuild 3.2.20 3.2.20
source-annotation-processor 1.0 1.0
logging-annotatino-processor 1.7 1.5
command-security-plugin 1.0.6 1.0.4
mail 1.5.1 1.5.0 JavaMail 1.5 (JSR 919)
javax.annotation-api 1.2 1.2
copyright-plugin 1.39 1.39
jdk 1.7.0-09 1.7.0-09

この表を作成するに当たって、SVNKit で必要な pom.xml だけ一時ディレクトリにチェックアウトして StAX でバージョン番号のところだけ抽出するツールを作成しました。 https://github.com/btnrouge/gfversions にあります。JavaFX 8 の練習もかねて適当に作ったものなので、条件によっては動かないかもしれませんが、暇を見て修正していきます。

実のところ、GlassFish 4は正式版の4.0 (GA)より、開発版である4.0.1のPromoted Buildの方が安定して動作します。GlassFish 4.0 GA (Build 89)を使用して腑に落ちない点がありましたら、4.0.1の最新Promoted Buildを試してみてください。